難しい

白髪の女性

白内障緑内障ともに徐々にすすんでいく病気のため早期発見が難しい病気です。 「白内障」 白内障は高齢者の病気と思っていないでしょうか。 白内障は目の水晶体が濁って徐々に視力が落ちていく病気ですが、老人性の白内障他に糖尿病による白内障、アトピー性白内障、薬の副作用や怪我によっても起こります。 30〜40代で発症することもあります。 「緑内障」 失明の第一は緑内障です。 日本人(40歳以上)の20人に1人が緑内障と言われています。 見えないことに気づいた時にはすでに進行している怖い病気です。 予防出来る方法もありません。 近親者に緑内障の人がいる、眼圧が高い、片頭痛がある等の人は要注意です。 まずはセルフチェックしてみましょう。

まずは片目で見てみましょう。 片目で見ると世界が違いませんか。 (両目でみると片方の視野を補うために気が付かないことがあります。) 「白内障」 対向車のライトが眩しくてよくみえない。 日中の日差しが眩しく感じられる 物が二重に見える ぼやけて見える。 こんな症状が重なったら白内障を疑いましょう。 「緑内障」 グラフ用紙のようなきっちりしたマス目の紙を用意しましょう。 欠けて見える部分がある。 一部が暗く見える マス目歪んで見える。 こんな症状があれば早急に眼科を受診しましょう。 早期発見と治療の「継続」が大切な病気です。 あくまでセルフチェックですこれで大丈夫だったからといって安心ではありません。 白内障・緑内障は徐々に進行していく病気のため発見が遅れることがあります。 特に40歳を超えたら定期的に眼科を受診することがあなたの大切な眼を守ることにつながります。