治療法を見る

花嫁と母親

日本人女性は、平均して50歳前後で閉経を迎えると言われています。 この閉経を挟んで前後10年間を更年期といい、心身に不快な症状が起こりやすい時期です。 代表的な症状には、ほてりやのぼせ、急な発汗、肩こりや腰痛、不眠やめまい、イライラ、鬱などがあげられ、これらをまとめて更年期障害と呼びます。 更年期障害の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することで起こるとされています。 このエストロゲンは自律神経の調整を司っているため、足りなくなることでその役割が果たせなくなり、心身に様々な不調が発症するのです。 そこで、足りなくなったエストロゲンを補充すれば、これらの症状が改善すると考えられます。 現在、病院の婦人科や更年期外来などでは、更年期障害の治療としてホルモン補充療法を行っています。

病院で実施しているホルモン補充療法は、更年期障害を根本から治療する方法として大きな成果をあげています。 また、保険が適用されることから、自己負担が少ないことも大きなメリットの1つです。 このようにホルモン補充療法は大変優れた治療法ですが、体質や既往症によってはリスクを伴う場合があり、適さない人もいるのです。 こうした人に推奨されているのが、漢方による治療です。 漢方は長期の摂取を基本としているため、効果が穏やかとされ、人気が高い治療法です。 ただし、漢方は1人1人の体質によって処方が違うため、必ず専門家に相談してから使用することが肝心です。 もう1つ更年期障害の改善に役立つとされているのが、サプリメントの摂取です。 特に、大豆の胚芽から抽出した大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、ホルモン補充療法の代わりとして期待されているのです。